ブログ

cooenのロゴに込められた思い

cooenの設立にあたって、まずロゴをデザインすることにしました。
折角なら色々なアイデアを持ち寄ってロゴにしようということで今回は普通のコンペとは違いアイデアコンペとなりました。
アイデアコンペとはアイデアを出して、選ばれたアイデアをデザイナーが清書をすることによって、普段あまりロゴを作らないメンバーも敷居が低くなってロゴの制作に関わることができました。

cooenコンセプト

・co-は共同のという意味
・enはみんなの縁とか輪になって協力する円
・coとenをくっつけてみたら、公園(人が集まる場所)になった
・EnvyDesignの下に置いてもらうので、Envyの子どもで、子 + En

集まったアイデア

これだけのアイデアが集まりました。

アイデアを出すということ

ロゴデザインにおいて、アイデアを出すということはとても重要なことで、私もロゴデザインをする時は出せるだけたくさんに出すことを信条としています。
もう何も出ない…となった所がスタートラインなので、そこから色々なものを見に行ったり、日常を過ごしていく中でさらにアイデアを出していきます。
そんなに立派なアイデアを出す必要はなくて、ちょっと見づらい、わかりづらいものでもどんどん大量に出します。

投票でアイデアを決定しました。

出揃った所で、全員で投票となりました。その結果…

こちらの案が1位となりました!

ここまできたらもう清書をするだけなので一気にやるだけです。
アイデアを元に、考えられる表現を出していきます。

展開案も含めてみんなに見ていただいて、ここからは話し合いで決めていきました。話し合いの上、絞れてきたアイデアを実際に使用してみたらどのようになるか、モックアップを使って検証していきます。

一覧で見てて良いなと思っても、実際に使用してみると思ったより良くなかったり、逆にパッとしないと思ったデザインでも、色々な所で使ってみるとおっと思うようなデザインだったりと、モックアップがとても大事なことがよくわかりますね!

圧倒的にみんなの注目を集めた

このモックアップ、cooenのメンバーから「エンボス加工ずるい…良すぎる…」と口々に言わしめ、名刺の加工が決まった(結局頓挫してしまったけれど)
このモックアップのロゴを元に、最後の微調整です。

完成ロゴ

これが決定案となりました。

決めてとなったのは色々なメンバーがいる中でどんな色にも染まれるモノトーンを基調としてロゴにしました。円が5つ並んでいるその円が完璧な円でなく形の違う円とし、それぞれの個性があることを表現しています。
読めるか読めないかギリギリの所を攻めたアーティスティックなロゴデザインに仕上がったと思います。

cooenはコンセプトに寄り添ったロゴづくり。

cooenでは、企業ロゴ・ブランドロゴの制作も承っております。
実績・経験のあるグラフィックデザイナーがヒアリングから制作までコンセプトに寄り添ったロゴをご提案することができます。

PAGE TOP